[PR]

 神奈川県海老名市の鶴指(つるさし)真澄市議(71)が29日、自身のツイッターで同性愛者について、「生物の根底を変える異常動物だ」などと書き込んだ。人権侵害だといった批判が相次ぎ、鶴指市議は「不適切な表現であった」として書き込みを削除した。

 鶴指市議は29日午前1時過ぎ、「最近のマスコミの報道は倫理観に欠けている」とした上で、「一例が同性愛とやらだ!生物の根底を変える異常動物だということをしっかり考えろ!」とツイートした。

 ツイッター上では、「ひどい差別、迫害だと思う」「市議会議員としての発言だと考えると失望した」「異常である根拠を示せ」といった批判が殺到。鶴指市議は約10時間後にツイートを削除した。

 鶴指市議は朝日新聞の取材に対し、「酒を飲んでいて、カッときた拍子に書いてしまった。同性愛は個人の自由だと思うが、基本的には男女の別があるので少しおかしい」と話した。

 鶴指市議はほぼ同時刻に朝日新聞のアカウントに対しても、「マスコミの責任感のない記事掲載が問題だ」「同性愛は異常なのだ」とメッセージを送っていた。

 同性愛や性同一性障害について、東京都渋谷区で11月、同性カップルを公的にパートナーと認める制度を始めるなど、差別をなくす動きが進んでいる。(室田賢)