[PR]

 オオミズナギドリの世界最大の営巣地・御蔵島で野ネコが増え、鳥が激減している。年2万羽ペースの減少で、ネコの不妊手術くらいでは歯止めがかからない。御蔵島村では野ネコを捕獲し、都獣医師会が島外で飼い主探しを始めることになった。

 都心から南へ約200キロの御蔵島。面積20平方キロ、最高標高は851メートルあり、原生林が広がる。オオミズナギドリは3月ごろに飛来し、森の地面に巣穴を掘って子育てする。夜明け前に一斉に海へ向かい、夕暮れに戻る光景は壮観だ。11月初旬から島を離れて赤道海域へ向かう。

 1978年の都の調査では推定350万~175万羽だったが、2007年に88万羽、12年には77万羽まで減ってしまった。

 原因は野ネコだ。人口約300人の島に500匹以上。人が入れない奥深い森が広がり、もっと多い可能性が高い。飼いネコが野生化して増えてしまった。希少種のミクラミヤマクワガタも捕食されている。

 オオミズナギドリの調査で長年、御蔵島に通う山階鳥類研究所の岡奈理子上席研究員は「90年代初めまでは、ヒナがいる巣穴はすぐ見つかったのに今は空の巣穴が非常に多い。オオミズナギドリの生態研究も難しくなった」という。

 目にするのはネコに襲われた親…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら