[PR]

 お酢メーカー最大手のミツカンが「すしケーキ」のレシピを考案し、酢の消費拡大を目指している。イオンも酢飯と具材をまとめた「すしケーキセット」を全国約400店で売り出す予定で、変わり種のケーキがクリスマス商戦の話題になりそうだ。

 酢飯にアボカドやエビを重ねた土台に、ミニトマトやかまぼこでつくった「サンタ」を載せるとすしケーキのできあがり。ミツカンは1日に特設サイト(http://www.mizkan.co.jp/sushi-plus/cake-sushi2別ウインドウで開きます)を開き、家庭のクリスマスパーティー向けに、すしケーキ5種類のレシピを公開した。

 ミツカンは、レシピ投稿サイト最大手の「クックパッド」と協力し、独自のすしケーキのレシピ募集も始めている。今月中旬からは親子ですしケーキを作るテレビCMも流す。

 もっと手軽に楽しみたい人向けに、イオンは23、24日、水産コーナーなどで酢飯と具材のセットを売り出す。直径18センチで、エビやサーモン中心の2980円(税別)と、ウニやイクラも加えた5千円の2種類。土台の酢飯のみ(1280円)もある。