[PR]

 サッカーJ1のガンバ大阪のブラジル人FW、パトリック選手のツイッターアカウントに浦和レッズのサポーターを名乗る人物が人種差別になる投稿をした問題で、埼玉県内の男子高校生が名乗り出て自分が書き込んだことを認めた。30日、県が明らかにした。

 県によると、この生徒は投稿のあった28日の夜に保護者に相談し、翌29日に保護者と学校を訪れて書き込みをしたことを認めた。30日午後には、生徒と保護者、学校関係者が浦和レッズの事務所を訪れて謝罪した。

 生徒は「試合に負けて悔しかった。差別という考えがあったわけではない」と話したという。

 問題の書き込みは、埼玉スタジアムで28日にあったチャンピオンシップ準決勝の浦和―ガ大阪戦の後にあった。試合はガンバが勝利し、パトリック選手は終了間際に追加点を挙げた。

     ◇

 Jリーグは謝罪があったことをパトリック選手に伝えた上で、「投稿者本人の深い反省と謝罪の意をパトリック選手は十分に理解し、受け入れている」とのコメントを発表した。また、今回の件でクラブへの処分は行わないとした。

こんなニュースも