[PR]

維新の党・松野頼久代表

 自民党に対抗しうる勢力をつくるためには、新しい大きな塊をつくる必要がある。(勢力を)できるだけ一つの政党に絞っていかなければ有権者の民意を反映できない。

 ただ、少なくとも、我々が民主党という名前の政党に合流することはない。もし、民主党という名前のままの政党ならば合流するつもりはない。来年の参院選の結果が出るまで、やせ我慢してでも待っている。我々も厳しいけど、単独で戦う。

 (民主との)統一会派は国会内での共闘なので、これは話を進めていく。この会派を運営してみて、その後に全く新しい党名の新党をつくるというのが私の思いだ。もしそれができず、民主党の党名もそのままだというなら、私らはやりません。(1日、BS11の番組で)

関連ニュース