[PR]

 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が排ガス規制を不正に逃れていた問題で、VWのインド法人は、インド国内で販売したVWグループのディーゼル車約32万3700台を自主的にリコール(回収・無償修理)すると発表した。同国の自動車業界では過去最大規模のリコールとなる。

 VWインド法人によると、2008年から今年11月にかけて販売したVWのディーゼル車のほか、傘下のアウディ、シュコダの各ブランドで「EA189」と呼ばれるエンジンを搭載した車両が対象。不正を指摘されたソフトを修正する。リコールにかかる費用は公表していない。(シンガポール=都留悦史)

こんなニュースも