[PR]

 米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は2日の講演で、米国経済の状況について「雇用の改善が続くという我々の想定と一致している」と述べ、今月中に利上げに踏み切る可能性を改めて示唆した。

 イエレン氏はかねて、雇用の改善が続き、物価上昇率が「年2%」の目標に近づくとの自信が持てれば、年内の利上げが適当との見方を示してきた。講演では明言を避けたものの、金融政策を決める今月15、16日の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げの可能性を強調した形だ。

 イエレン氏は景気の先行きにつ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも