[PR]

 人工透析患者の紹介をめぐる汚職事件で、収賄容疑で逮捕された国家公務員共済組合連合会名城病院(名古屋市中区)の腎・糖尿病内科医長、赤沢貴洋(きよひろ)容疑者(41)が、1人当たり紹介料10万円を受け取る約束を贈賄側としていたことが愛知県警への取材でわかった。県警は3日午前、名城病院を家宅捜索。押収した資料を分析し、こうした約束などの裏付けを進める方針。

 捜査2課によると、赤沢容疑者は、贈賄容疑で逮捕された医師の多和田英夫容疑者(64)が実質的に経営する医療法人「光寿会」(同市西区)傘下の複数の病院や診療所に男女の患者8人を紹介。その見返りとして、多和田容疑者から今年2月27日~10月27日、5回にわたって現金計約60万円を受け取った疑いがある。国家公務員共済組合連合会の職員は公務員とみなされる。

 赤沢容疑者は、名城病院で受け持った人工透析治療が必要な患者を紹介するたびに、多和田容疑者から10万円を受け取る約束を交わしていたとみられる。赤沢容疑者は光寿会傘下の診療所で非常勤医師をしており、その給与に上乗せする形で支払われていたとされ、税金分を差し引いて計約60万円が赤沢容疑者の手に渡ったという。

 赤沢容疑者は、人工透析治療が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら