[PR]

 東京電力福島第一原発事故で出た放射性物質を含む指定廃棄物を民間の産廃処分場で最終処分する環境省の計画について、福島県の内堀雅雄知事は3日、受け入れを正式に表明した。地元の富岡町と搬入路のある楢葉町も了承する考えを明らかにした。内堀知事らは4日、丸川珠代環境相に受け入れる方針を伝える。

 3日夕、内堀知事が宮本皓一・富岡町長と松本幸英・楢葉町長に県庁で会い、「苦渋の決断だが、広域自治体の長として容認したい」と伝えた。両町長も受け入れる考えを示した。

 9月末時点で放射性物質で汚染された稲わらや下水汚泥などの指定廃棄物は全国12都県に約16万6千トンあり、うち福島県が13万8千トンを占める。指定廃棄物の処分場を受けいれる方針を示したのは、処分計画がある6県で初めて。

 計画では、富岡町の民間処分場「フクシマエコテッククリーンセンター」を国有化し、指定廃棄物を埋め立てる。避難指示区域内のがれきや、帰還した住民の生活ごみも対象。1キロあたり10万ベクレルを超える廃棄物や除染土は、県内の大熊・双葉両町に建設される中間貯蔵施設で保管する。