写真・図版

[PR]

 温かくてふわふわした触り心地。つぶらな瞳。動物とふれあうと心が和むという人は多いのではないでしょうか。動物から元気をもらうため、大勢の人が動物園を訪ねているようです。医療の現場でも、動物の持つ力を治療に生かす取り組みが始まっています。

 11月初旬。埼玉県東松山市にある県こども動物自然公園の動物とふれあう「なかよしコーナー」は、遠足で訪れた園児らや家族連れでにぎわっていた。

 ヤギやブタは放し飼い。時間によっては、ウサギ、モルモットにもさわることができる。

 家族5人で栃木県から訪れた荒川総士さん(28)は「動物の温かみを感じると穏やかな気持ちになります」と話す。

 動物とふれあうコツは。同公園飼育係の西田直子さんは「まずは、動物に慣れてもらうことが大切です」と話す。触りたい動物がいたら、少し離れたところから観察。ゆっくりと近づくのがポイントだ。西田さんは「走ったり、角に追い詰めるように近づいたりすると動物は嫌がります」。エサを食べているときも避けた方がいいという。

 なでるときは、背中やおしりからそっと触れる。ゆっくりとなでて、動物が慣れてきたようだったら、範囲を広げる。初めから口の近くに手を出してしまうと、かみつかれてしまうことがあるので注意が必要だ。

 医療の現場でも動物を生かそうという活動が始まっている。

 病棟を1頭の犬が歩く。北里大学メディカルセンター(埼玉県北本市)では、昨年から日本盲導犬協会のPR犬「ハイク」が週に1回程度、病室やリハビリ室にいる患者のもとを訪ねている。この日は、脳腫瘍(しゅよう)の手術を受けた女性のリハビリにハイクが参加した。椅子に座った女性にハイクが寄り添う。女性は手を伸ばしハイクの前脚を握る。普段はほとんど寝たきりの女性だが、うなずいたり、「かわいい」と話したりした。リハビリを終える際は、ハイクに両手を振った。女性の夫の松田留次さん(70)は、「ベッドに寝ているときは無表情で、話もできない。いい刺激になっているのだと感じます」と話す。

 この活動は、「動物介在療法」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら