[PR]

 ゴルフ会員権と引き換えに50万~500万円を預けたのに一律1万円しか返さないのは不当として、大阪府と兵庫県の会員男女22人が、経営難で撤退したゴルフ場経営会社の施設を引き継いだ企業側に預託金の全額返還を求め、8日に大阪地裁へ集団提訴する。

 原告は1980~90年代、兵庫県川西市で二つのゴルフ場を経営していた「一庫(ひとくら)総合開発」側に預託金を払い、優先プレーできる会員権を得た人や相続人。会員は数千人という。

 訴えによると、同社の経営難でゴルフ場は2009年までに「チェリーゴルフマネジメント」(大阪府摂津市)とグループ会社が実質的に引き継いだ。預託金は一定期間後に返す会則だったが、チェリー社側は預託金は引き継いでいないと主張し、会員権を1万円で買い取る条件に応じればプレーを続けられるとした。

 原告は、チェリー社側は事業も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら