[PR]

 胸元が強調された少女キャラクターを使ったポスターに批判が相次いだ問題で、岐阜県美濃加茂市観光協会は4日、「一部の方に不快な思いをさせた」として、ホームページで謝罪した。ポスターは別のアニメキャラクターに変更する。

 協会によると、3日夜の臨時役員会でキャラクター変更を決めた。この画像が付いたツイッターの投稿を削除し、配布したチラシを掲示しないよう市内の協力店にも依頼した。役員会では「アニメはセクシーな部分はあるが、農業の現状を掘り下げる内容で観光振興に利用すべきだ」との意見も出たという。

 問題となったキャラクターは、同市の県立加茂農林高校がモデルのテレビアニメ「のうりん」に登場。協会は近く、同じアニメの別のキャラクターを選び、新たなデザインに採用するという。

 ポスターは先月、「セクハラ」などとネットでの批判が相次いだ。協会はJR美濃太田駅に掲示していた1枚を撤去。ただ、ポスターで告知したスタンプラリー企画は予定通り来年1月末まで続ける。(山岸玲)