[PR]

 鬼怒川が決壊した9月10日から9月30日までの茨城県常総市職員の残業代は約1億3千万円だった。市が4日に開かれた市議会の一般質問で明らかにした。

 市によると、職員512人のうち、残業した職員は管理職を含めて492人。災害後21日間の平均残業時間は139・2時間で、最も多い人は342時間だった。管理職には、管理職特別勤務手当として平均11万8866円が残業代として支給された。

 一般職員の中には、9月の給料が残業代を含めて100万円を超えた職員が主査クラスを中心に十数人いたという。