[PR]

 全国の劇団のビデオ映像を、インターネットの視聴者と一緒に楽しもう――。そんな「観劇会」が大阪市内で毎月第1、3水曜日の夜に開かれている。大阪府池田市の舞台映像作家、武信貴行さん(45)が始め、来年2月でまる5年。上映は130回を超えた。

 観劇会は「SP水曜劇場」。テレビの洋画劇場のように「毎週やっていて、知らない作品に触れられる場に」との思いを込めた。SPは演劇人を表す「Stage People」の略。各地の小劇場などで上演された演劇を上映する。

 大阪・中崎町のカフェバー。上映前、武信さんは「劇場」らしからぬ注意を伝えた。「携帯電話の電源はお切りいただかなくても結構です。出入りも私語も自由。家でテレビを見る感覚でお楽しみください」

 この日の作品は大阪を中心に1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら