[PR]

 補助犬の「成長」を支える猫たちがいる。同じ空間で過ごすことで、補助犬が街中などで猫に出くわしても平常心を保っていられるようになるという。横浜市旭区の「日本補助犬協会」の訓練施設では、メスの「いくら」が20頭ほどの犬たちと暮らす。共同生活は今年で丸10年を迎えた。

 同市郊外にある協会の訓練施設。盲導犬や聴導犬を目指して訓練中の犬たちが暮らす犬舎の一角に、いくらの寝床はある。3日午前、いくらはスタッフのピンクの座布団を占領し、丸くなっていた。「冬はここがお気に入り」と訓練部長の雑賀由美子さん(48)。

 いくらが犬と暮らすようになったのは2005年。子猫の時に東京都内で拾われ、協会にやってきた。現在10歳ほどとみられ、周りのどの犬よりも「年長」。犬舎を区切っている柵の上が散歩コースで、下を見下ろしながら悠々と歩く。雑賀さんは「柵の上だと犬が届かないことを知っている。新入りが来た時はわざと近寄っていき、上からからかって遊ぶんです」と笑う。時には犬用の長座布団で一緒に寝ることもある。

 そんないくらだが、補助犬を育てるうえで大切な役割を持つ。いくらと対面させることで、スタッフは猫に会った時のそれぞれの犬の反応などを観察できる。補助犬が猫を追いかけて突然走り出したりしたら危険なため、共同生活であらかじめ猫に慣れさせる目的もある。さらに職場のアイドル的ないくらの場合、「スタッフへの癒やし効果も大きい」と雑賀さん。

 同じような目的で猫を飼う施設は他にも。日本介助犬協会の介助犬総合訓練センター(愛知県長久手市)には「こむぎ」「かんた」「ジジ」の3匹がいる。センターができた09年から犬と暮らしており、介助犬の「社会性の構築」に一役買っているという。東日本盲導犬協会(宇都宮市)には「サガワ」「シュガー」の2匹がいる。

 雑賀さんによると、補助犬の施設でこうした猫が飼われていることはあまり知られておらず、見学に来た人に「猫もいるんだ!」とよく驚かれるという。(大西史晃)