【動画】絶滅危惧種、野生のシマフクロウの姿を公開=神村正史撮影
[PR]

 北海道の世界自然遺産・知床で、絶滅危惧種シマフクロウを来訪者に見せる試みが始まった。保護すべき生物をあえて見せることで、知床の自然への理解を深めてもらおうと、地元観光協会が動いた。環境省は「めったに人目に触れることのない希少種を見せて保護、啓発につなげようとしている非常に少ない事例。良い方向に進んでもらいたい」と見守っている。

 知床半島の羅臼町を流れるチトライ川。日没から間もなく、川沿いの民宿「鷲(わし)の宿」隣の小屋で、家族連れらが薄明かりに照らされた川面を眺めていた。知床羅臼町観光協会の佐藤紳司さんが説明した。

 「シマフクロウの主なエサはイワナの仲間のオショロコマです。その数から考えると、知床では一つの河川域に一つの家族しかすめないでしょう」

 その時、シマフクロウが流れに浮かぶ岩に降り立った。「来た!!」。小屋に歓声が上がる。フクロウは小屋には目もくれず、微動だにしない。何分経過しただろうか。突然、川の真ん中に設けられた給餌(きゅうじ)池へ飛び込み、ヤマメを捕まえた。

 「ここではシマフクロウが野生の姿を見せてくれる。それを見て自然を敬愛する気持ちを育んでもらいたい」と佐藤さん。

 かつて北海道にシマフクロウは約1千羽いたとされるが、大規模な森林伐採やダム建設で、1960~70年代には推定約70羽に減った。国は84年から給餌や巣箱の設置で保護事業を実施。現在、北海道東部を中心に約140羽にまで回復した。半数ほどが知床半島にいるとされる。

 その希少性や美しさから、カメラマンやバードウォッチャーに人気が高い。環境省は保護の観点から生息地を明らかにしていないが、営巣地を探し出して照明で追い回すといった悪質なケースもあるという。「鷲の宿」でも、出没情報を得てやってきた客同士がトラブルを起こしたり、ストロボの発光について環境省から指導されたりした。

■人の行動は徹底的…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら