[PR]

 米カリフォルニア州サンバーナディノで14人が殺害され、21人が負傷した銃乱射事件で、米連邦捜査局(FBI)は4日、「テロ事件として捜査している」と表明した。2日の発生以来、米当局がテロ事件と明確に位置づけたのは初めて。米国内で起きた大規模なテロ事件としては、3人が死亡した2013年のボストン・マラソンでの爆弾テロ事件以来となる。

 FBIのコミー長官もリンチ司法長官と記者会見し、警察との銃撃戦で死亡した2人の容疑者について「過激になり、海外のテロ組織に触発された可能性がある」と述べた。具体的な組織の名前は挙げなかったが、過激派組織「イスラム国」(IS)との関連などを調べているとみられる。ただ、2人が大きな組織の一員である形跡はないという。

 また、事件前にはFBIが2人を把握していた記録はないという。コミー氏は、米社会に対して過剰に不安にならないよう呼びかけた。

 FBIはサンバーナディノ郡職…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら