[PR]

二階俊博・自民党総務会長

 必ず参院選が近づくと(衆参同日選を)言い出す人、期待をかける人がいる。いっぺんに二つの選挙をやって信を問うた場合、参院が存在する意味があるのかどうかというところまで議論が及ばないとも限らない。そういうことを考えると、軽々に言うべきではない。

 衆院議員は年中、選挙運動をしている。参院議員は選挙運動について日頃、ピーピー言わないことが立派なように言われているが、常日頃から皆の意見を聴かないとしっかりした議員ではない。盛り上がらない参院議員も全国にいるのは確かで、その人たちを当選させるために衆参で(選挙を)一緒にやったらどうかと考える人もいる。それは参院に失礼な話。「衆院と参院では運動量が違う」と言われないように、参院は日頃からもっと活発に活動するべきです。(記者会見で)

こんなニュースも