[PR]

 毎日放送やTOKYO MXなどで放送中のアニメ「ノラガミ ARAGOTO」の製作委員会は5日、本編内でイスラム教に関する音声の不適切な使用があったとして、公式サイトで謝罪した。

 同委員会の関係者によると、BGMの制作過程で、「イスラム教の祈りを促す音と他の音を混ぜて使ってしまったことが問題視された」という。

 サイトに掲載したお詫(わ)びでは、「決してイスラム教やイスラム教信者の方々を侮辱、冒涜(ぼうとく)するなどの意図はなかった」と釈明。「音声の意味内容を確認しないまま収録し、公表するに至った結果、イスラム教と信者の方々に配慮を欠く結果となってしまった」とし、「イスラム教信者の皆様及び関係する方々にご不快の念を抱かせてしまったことに対し、深くお詫(わ)び申し上げます」と謝罪した。

 「お詫び」では、「不適切な使用」の詳細について説明しておらず、製作委員会の広報担当者は「公式サイトで説明した以上のことは申し上げられない」としている。

 11月25日に発売されたオリジナルサウンドトラック「~野良神の音2~」は出荷を停止し、店頭の在庫は回収する。今月18日発売予定だったDVD「ノラガミ ARAGOTO1」は発売を延期し、改訂版で発売する予定という。

インドネシア、ウェブサイトが問題視

 この問題について、世界で最も多い2億人のイスラム教徒がいるインドネシアでは、ニュースを扱うウェブサイト「カタカバル」が4日付の記事で、同アニメは戦闘シーンのBGMとして、ディスコ風の音楽の中に取り込む形でアザーン(礼拝の呼びかけ)を使ったと指摘。「世界中のイスラム教徒が驚いており、曲の削除を求めている」としている。

 同国では日本アニメの人気が高く、インターネット動画などでインドネシア語に訳された「ノラガミ」を視聴することもできる。(ジャカルタ=古谷祐伸)