[PR]

 徳島県阿南市内の少年野球チームの監督だった40代の男性が先月、練習中にミスをした選手を全裸でランニングさせていたことがわかった。保護者から問題視する声が上がり、男性は今月1日に監督を辞任した。

 男性らによると、11月28日に市内の小学校での練習に参加した11人に、男性が「キャッチボールでミスをしたら裸で走ろう」と呼びかけ、球を受け損なうなどした小学3~5年の5人に裸でグラウンドを1、2周走らせた。男性は自分のスマートフォンのカメラでその様子を撮影したという。

 保護者らは会合を何度か開催。男性は1日の会合で「責任を取る」として監督を辞任したという。取材に対し男性は、画像は消去したと説明。「うまくなる方法はないかと考え、軽率なことをしてしまった。子どもの気持ちをもう少し考えればよかった。つらい目にあわせ、申し訳ない」と述べた。