[PR]

 本日(12月9日)リリースの新曲「大人の流儀」のPRをかねて、5日に「サワコの朝」(TBS系)、6日には「シューイチ」(日本テレビ系)に出演したマッチこと近藤真彦さん。

 中学時代に所属していた野球チームの監督さんの娘さんがジャニーズ事務所にマッチの写真と履歴書を送ったこと。

 「3年B組金八先生」(TBS系)の生徒役でテレビ初出演するも、武田鉄矢さんが覚えていらした10ページほどの一発撮りのシーンの最後の最後で、マッチがカメラ目線になってしまい、NGとなり、演出家に大声で怒られたこと。

 振り付けの先生に一日中レッスンしてもらったフルコーラス分の振りを自ら「間引いて」、「トップテン」(日本テレビ系)や「ザ・ベストテン」(TBS系)に出演。回を重ねるごとに振りの部分がだんだん減っていき、最後はサビだけにまで「間引いて」しまったこと。

 そのせいで、ジャニーさんから「ユーには、畳1畳分あればいいね」(=それぐらい動かないね)と言われたこと……などなど、“やんちゃなマッチ”のエピソードが満載でした。

 「シューイチ」のコメンテーター、KAT-TUNの中丸雄一くんからの質問=「昔と今のジャニーズの違い」に、自分のような“やんちゃな不良”がいない…と答えたマッチ。いわく、やんちゃっぽい人、不良っぽく見える人は居るけれど、自分のように「本当に六本木に倒れていた」ような人は今の後輩には居ないと……。

 受けた中丸くんは、“マッチさん伝説”はたくさん聞いたことがあると言い、でも「アノ頃のマッチさんと同じことを僕たちがやったら首が飛びます……」と苦笑していました。

 私とマッチは、古いです(笑)。なので今回は昔の話が多くなります……。

 私が新卒でTBSラジオのキャスタードライバーになったのは1980年で、その年にデビューしたのが「たのきんトリオ」の“た”、トシちゃんこと田原俊彦さんや松田聖子さん、河合奈保子さんらです。

 それから約4年。当時、「ザ・ベストテン」の“追っかけマン”こと故松宮一彦アナウンサーが出演していたラジオ版のザ・ベストテンのような番組で中継リポーターをしていた私が度々インタビューさせてもらっていたのがマッチでした。

 “やんちゃな不良”と言っても…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら