[PR]

 記録に残る日本最大の熊害(ゆうがい)事件「三毛別羆(ひぐま)事件」(北海道苫前町)から9日で100年がたった。7人もの命が奪われながら資料が乏しかった事件の詳細を初めて世に報じたのは、かつて林務官として現地の営林署に勤務していた木村盛武さん(95)=札幌市=だった。事件から1世紀となる日を、木村さんは千葉県柏市の3男宅で静かに迎えた。

 現地の国有林を管轄する古丹別営林署に着任したのは1961年。子どもの頃、林務官だった父と伯父から事件の話をよく聞かされていた。なぜ1頭のヒグマが6日間にわたって執拗(しつよう)に開拓地を襲い、あれほど被害が拡大したのか、疑問に思っていたという。

 「古丹別勤務はまさに天命。すぐに取材を始めたが、記録はほとんどなく、特に遺族への取材は心の傷の深さを知るたびに悩み、辛く悲しいものだった」と振り返る。それでも犠牲者の霊と遺族の心の慰めになればと取材を重ね、事件から半世紀後の65年に「獣害史最大の惨劇苫前羆事件」として旭川営林局誌「寒帯林」に発表した。

 悲劇の記録は反響を呼び、戸川幸夫が「羆風(くまかぜ)」、吉村昭が「羆嵐(くまあらし)」として小説化。漫画や演劇にも取り上げられ、木村さんも94年に「慟哭(どうこく)の谷」(共同文化社)を出版した。100年の節目の今年4月には「慟哭の谷」が特別編集の文庫版として出版され、「犠牲になった方々もうかばれるのではないかと思っている」と語った。

 北海道は森林面積が約7割を占める。「領主としてヒグマがそこに生息する限り、人間との接触は避けられない。本来は臆病な動物で、いたずらに恐れたり憎んだりせず、生態や習性を知れば多くの危険が回避できる」という。

 心配なのはヒグマの増加だ。春グマ駆除を禁止した90年以降の推定生息数を道が科学的に分析した結果、2012年度は1万600頭と90年度から約1・8倍も増えていた。農業被害も1億円を超え、人間との軋轢(あつれき)が増している。

 「森林生産力の低下や生息数の増加で、ヒグマが餌を求めて行動圏を拡大している。抜本的な対策が急務だが、絶滅させたオオカミの二の舞いにしてはならないし、エゾシカのように極端に繁栄させてもいけない。自然界のバランスを保つ対策こそが共存への道だ」と話す。アイヌ民族には、「生き物は神様」とするカムイ信仰がある。「生き物は食だが、決して無駄な殺生はしない。神様のおかげで我々は生きていられるんだという考えを学ばなければならない」と指摘する。

 今年10月、事件現場で100回忌の追悼法要が営まれた。事件をもとに地元が創作した郷土芸能「くま獅子舞」(町無形文化財)の保存会が主催したが、高齢化や過疎化で担い手が減り、くま獅子舞の存続が危ぶまれている。

 「あれほど凄惨(せいさん)な事件が埋没し、忘れ去られていくことは耐えられない。形のある文化財は長く伝わるが、くま獅子舞のような郷土芸能は人が減ればなくなってしまう。事件の記憶と教訓を永劫(えいごう)に伝えてほしい」と、くま獅子舞の存続を願っている。(奈良山雅俊)

     ◇

 〈三毛別羆事件〉 1915年12月、苫前町三渓(旧・三毛別)の六線沢で起きた。15戸が暮らす開拓地を雄のヒグマが襲い、9、10日の2日間で胎児を含む7人が死亡、3人が大けがをした。ヒグマは14日に熊撃ち名人のマタギに射殺された。事件は50年後、地元の旧営林署に勤務した木村盛武氏が「獣害史最大の惨劇 苫前羆事件」としてまとめ、小説やテレビドラマ、漫画にもなって広く知れわたった。

     ◇

 〈きむら・もりたけ〉 1920年、札幌市生まれ。小樽水産学校卒業後、41年に道庁の林務講習を修了して林務官となり、80年に退官。野生動物研究家として執筆活動に入る。著書に「慟哭の谷」「ヒグマそこが知りたい」「春告獣」など。