[PR]

 北海道音更町のアパートで8月、美容師の金野恵里香さん(当時31)が刺殺された事件で、釧路家裁帯広支部は7日、殺人や死体損壊などの非行内容で家裁送致された同町の少年(19)について、検察官送致(逆送)とする処分を決めた。

 橋爪信裁判長は「人を殺してみたいといった思いにとらわれ、欲求を制御しきれずに衝動的に犯行に及んだ」と指摘し、「刑事処分の対象とするのが相当だ」とした。

 決定要旨などによると、少年は8月3日午前8時~8時半、同じアパートに住む金野さんの部屋に無施錠の玄関ドアから侵入、金野さんの頭や胸などを包丁で突き刺すなどして失血死させ、金野さんの部屋に火を放ったなどとされる。