[PR]

 バイオリニストの大谷康子が、25日に名古屋・栄の愛知県芸術劇場コンサートホールで、メンデルスゾーンとチャイコフスキーの2大協奏曲を演奏する。新たな愛器、ストラディバリウスの名品を携え、キエフ国立フィルハーモニー交響楽団と名曲をエネルギッシュに鳴らす。

 「迷惑と思われるぐらい、たぶん誰よりもバイオリンを弾くのが好き。ずっと弾いていたいんです」。病院や被災地を含め、年100回に及ぶ各地でのコンサート。「歌うバイオリン」と呼ばれるベテランのフットワークは軽い。

 名古屋育ちで、高校から東京へ進学。学生時代に名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演してデビューし今年40周年。今春には前人未到ともいえる4協奏曲の一挙上演をやり遂げた。

 「2時間ちょっとかかったけれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも