[PR]

 日本マクドナルドホールディングスが8日発表した11月の売上高(既存店)は、前年を2・5%下回った。客数は2・3%減り、31カ月連続の減少。10月末に200円バーガー3種の新メニューを投入するなどてこ入れしたが、客足は反転しなかった。

 11月は前年より休日が1日少なく、400店ほどが深夜営業をやめたことも響き、売上高も客数も前年を下回った。新バーガーは500円でポテト、ドリンクなどとセットにでき、「おてごろ感」を打ち出したが及ばなかった。

 客数は2013年5月から前年割れが続く。昨年7月、仕入れ先の中国の工場で期限切れ鶏肉の使用が発覚、今年1月には異物混入問題があり、客足が遠のいた。不採算の190店を年内に閉める方針を打ち出しており、10月以降は全国で閉店が相次いでいる。

こんなニュースも