[PR]

 渡辺美樹氏は8日、遺族との和解後、東京地裁前で記者団の取材に応じた。一問一答は次の通り。

 ――和解についてどう受け止めていますか。

 「和解していただいて、やっと、直接おわびすることができた。よかったと思っている。(遺族には)『すべて私の責任だ』とお話しした」

 ――裁判の当初は、自身の法的責任を認めなかったのはなぜですか。

 「法的責任については解釈の違いの調整だった。もちろん道義的責任については『120%ある』と明言してきた。(裁判で)ご遺族のおっしゃっていることがもっともだと理解できた結果、すべて受け入れた」

 ――かつて、この件は「(亡くなった)本人を採用したのが問題だった」と朝日新聞の取材に話していたが、認識に変化はないですか。

 「いや、すべて撤回しておわびしたい。採用したのは我々ですから。亡くなられた方には一切責任はないし、ご遺族には全く責任はないと思っている」

 ――この労災事件以降、ワタミの外食事業の売り上げが落ちています。

 「今回、我々に対する企業批判が実際に営業に対して、経営に対して大きな影響を与えたことは確かだ」

 ――遺族は再発防止を求めています。

 「それについてはたくさんの約束事をした。私は創業者として、大株主として、今の経営陣に対して、今回約束したことをしっかり守るように、私自身が見守ることをご遺族と約束した」(疋田多揚)