[PR]

 靖国神社トイレ内の爆発音事件に絡み、9日朝に日本に再入国した韓国人の男が建造物侵入容疑で逮捕された。男が「日本の記者から質問を受け、靖国神社のトイレを確認しにきた」という趣旨の話をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、事件への関与を疑われて確認のために現場に戻ろうとした可能性があるとみている。

 捜査関係者によると、逮捕されたのは住所・職業不詳の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)。事件後に帰国していたが、9日午前10時ごろに羽田空港から再入国。要注意人物リストを確認した入国管理局が、警視庁に連絡した。

 警視庁公安部の説明では、全容疑者は11月22日午前11時ごろ~23日午前10時ごろの間に複数回、東京都千代田区九段北3丁目の靖国神社に、参拝などの正当な理由がないのに侵入した疑いがある。神社内の複数の防犯カメラの映像などから全容疑者を特定した。

 事件後、トイレ内からは時限式…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら