[PR]

 千歳市蘭越の木立の中に、コーヒーを飲みながら野鳥を観察できるカフェがある。写真家の嶋田忠さん(66)が開いた「嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー」内の「ザ・バードウォッチングカフェ」。オープン1周年を機に、カフェで撮影した写真のコンテストを企画している。

 嶋田さんは斬新な手法で野生動物の姿を捉え、「カワセミ」「アカショウビン」「シマフクロウ」などの写真集で知られる。1990年代からTV映像作品に軸足を移していたが、ヤマセミを撮影した最新作の「凍る嘴(くちばし) 厳冬のハンター」で再び写真の世界に戻ってきた。

 千歳川とそれを囲む森に魅せられ、埼玉から千歳に移住して35年。「多くの人に身近な自然の魅力を知ってほしい」と、カフェを併設したギャラリーを開設。ブラインドがついた写真撮影専用スペースも設置した。

 カフェの前庭にはバードテーブ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら