[PR]

 歩行者専用のつり橋としては国内最長となる「箱根西麓(せいろく)・三島大吊橋(おおつりばし)」(愛称・三島スカイウォーク)が14日、静岡県三島市笹原新田にオープンする。富士山を望む長さ400メートルの新観光スポットの登場で、三島市への観光客増が予想され、地元の期待は高まっている。

 つり橋は、これまで最長だった大分県九重町の「九重“夢”大吊橋」より10メートル長い。地上から橋までの高さは70・6メートルで、幅は車いすでもすれ違える1・6メートル。橋からは富士山や駿河湾、伊豆の山々が一望できる。

 三島と箱根を結ぶ国道1号に近い山あいにあり、東名高速の沼津、新東名の長泉沼津の各インターチェンジから約15分。バス利用だとJR三島駅から約25分。

 県東部で娯楽施設や飲食店などを経営するフジコー(三島市)が2012年に着工し、総工費約40億円をかけて完成させた。地元産の野菜、特産品などを販売する店舗やカフェ、展望デッキも同時に開業。フジコーは年間180万人の集客を見込む。

 年間観光交流客数700万人を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら