[PR]

 10日午後4時10分ごろ、埼玉県久喜市葛梅(くずめ)の東武伊勢崎線の踏切で、赤城発浅草行き上り特急「りょうもう」(6両編成)が、踏切内で立ち往生していた軽乗用車に衝突。はずみで車が飛ばされ、近くにいた同市鷲宮中央1丁目の職業不詳塚田武男さん(83)にぶつかった。塚田さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

 久喜署によると、軽乗用車を運転していた塚田さんが、何らかの原因で踏切内で停車。事故直前に、現場付近で列車に向かって手を振っていたといい、気づいた運転士がブレーキをかけたが、間に合わなかったという。

 現場は鷲宮駅から約200メートル南東の踏切。東武鉄道によると、この事故で、同線は久喜―加須間で上下ともに運転を見合わせていたが、約4時間後に再開した。