[PR]

 阪神大震災から21年、そして東日本大震災からまもなく5年。大切な人を失い、暮らしを奪われた被災者たちの心を解きほぐそうと、「笑いの力」を注ぐ人々がいる。心の復興が成し遂げられる日まで、本当の笑顔が戻ってくるその時まで――。

笑いの力で少しずつ元気に

 阪神大震災から1週間もしないうちに、募金を届けに神戸へ行きました。高速道路は横倒しで、崩れた建物をよけながら市役所に向かったのを覚えています。

 初めはね、「笑いで被災地の皆さんの力に」なんていうのは難しいと考えていたんです。皆さんの状況が笑ってる場合じゃないですから。

 大阪の劇場の前でサイン入り手ぬぐいを売ってそのお金を寄付したりしていましたが、もっと力になれないかと、歯がゆい思いもありました。

 震災の発生から少し時間が経っ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら