[PR]

 靖国神社トイレ内の爆発音事件に絡み、トイレ内にあったたばこの吸い殻から検出されたDNA型が、逮捕された韓国人の全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)がいたホテルの衣類から検出されたDNA型と一致したことが、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、全容疑者が不審物の設置に関わったとみて調べている。

 捜査関係者によると、たばこの吸い殻は、事件直後にトイレで見つかった。公安部は、事件があった11月23日に全容疑者が滞在していた東京都千代田区内のホテルから家宅捜索で衣類を押収。吸い殻と衣類の付着物を調べたところ、DNA型が一致したという。公安部は、このDNA型が全容疑者のものとみている。

 公安部の説明では、全容疑者は9日の逮捕直後は「よくわからない」と話していたが、その後の調べに対し、11月22、23両日に靖国神社を訪れたことを認め「爆発物を仕掛けるために日本に来た」と、不審物についても関与を認める趣旨の供述をした。だが、10日からは「靖国神社に行っていない」などと否認に転じているという。

 捜査関係者によると、全容疑者は11月21日夜に韓国・金浦空港から羽田空港に到着。過去に日本への渡航記録はなく、このときが初めての来日だったという。