[PR]

 法律家への狭き門・司法試験。その問題を長年つくり続けてきた憲法学の第一人者が、教え子の女性に試験問題を漏らしたとして在宅起訴された事件は、世間を驚かせた。元教授はなぜ、一線を踏み越えたのか。

 東京・霞が関の東京地裁では10日、司法試験漏洩事件の傍聴券を手に入れようと300人近い人が列をなした。高倍率の抽選に当たった人ら約40人で傍聴席が埋まる中、明治大法科大学院元教授青柳幸一被告(67)は濃紺のスーツに青いネクタイ姿で入廷。検察官が起訴状を読み上げるのを、証言台の前で少しうつむきながら聞いた。

 今年2月上旬から5月上旬にかけて、自ら作成した憲法分野の短答式(マークシート)と論文式の司法試験の問題を事前に20代の女性に漏らしたとする国家公務員法(守秘義務)違反。

 裁判官に認否を問われると、元教授は少し高い声で「間違いありません」と罪を認めた。

 元教授は明治大法科大学院で教鞭をとる一方、10年以上前から考査委員として司法試験の問題をつくっていた。検察によると、元教授と女性が知り合ったのは数年前にさかのぼる。元教授は選択授業で聴講生として受講していた女性に目をとめた。元教授は当時の思いを法廷でこう振り返った。

 「真面目によく勉強していた。翌年からは私のゼミに入り、毎週のようによく質問に来ていました。こんな子が私の娘だったら、と思ったのが最初の印象でした」

 元教授には妻がいるが、2013年ごろから40歳ほど年が離れたこの女性と交際を始める。翌年5月、女性は司法試験を受験。この年も元教授は問題を作成していたが、漏洩はしなかった。その結果、女性が不合格だったことで、元教授は道を踏み外していく。

 検察官「なぜ漏洩したのか」

 元教授「彼女が9月に不合格となり、その時は泣かなかったんですが、来年を目指して頑張ろうと食事に行ったときに泣かれて、自分の娘が泣いているという思いが強かった」

 検察官「問題を漏らすことを決意したとき、すべてを失うことになるということは頭をよぎらなかったか」

 元教授「直線的に進んでしまった。負のことは考えなかった。今考えると『なんと愚かな』と思うばかりです」

 検察官「発覚しないと思ってい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら