[PR]

 次期米大統領選に共和党から立候補を目指しているドナルド・トランプ氏の「イスラム教徒の入国禁止」発言に、中東で反発が広がっている。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでは、「トランプ」ブランドの商品を回収する動きも出はじめた。

 AFP通信によると、中東を中心に160店舗を持つドバイ拠点のインテリア店「ライフスタイル」は同氏の7日の発言後、「顧客の感情を尊重するため」トランプ氏が手がけた照明機器などを店頭から回収した。ドバイの有力な不動産事業主ハブトゥール氏も地元紙に「トランプを支持したのは間違いだった」と寄稿した。

 ドバイでは「トランプ・ゴルフクラブ」が来年完成予定。トランプ氏の写真を使った巨大な広告看板も街に出ていたが、会員の獲得に影響が出る恐れも指摘される。(ドバイ=渡辺淳基