[PR]

 独フォルクスワーゲン(VW)のマティアス・ミュラー最高経営責任者(CEO)は10日の本社での記者会見後、日本メディアなど記者団の取材に応じた。世界首位をめぐって競争してきたトヨタ自動車について「大きな成功を収めているトヨタの強さをとても評価している」と述べた。そのうえで、「もちろん我々の競争相手だ。競争で成功を収められるように、将来に向けて準備を進める」と対抗意識をみせた。

 日本市場で11月の販売が前年11月と比べて3割以上減っていることについては、「日本の状況は少し難しい。特にVWのブランドで信頼をいくらか失っている」と語った。「しかし、それは世界のほかの市場でも同じだ。我々はいま抱えている(不正の)問題について、すべての原因を明らかにしなければならない」とし、不正問題の実態の解明が信頼回復につながるとの見方を示した。(ウォルフスブルク=寺西和男)

こんなニュースも