[PR]

 大相撲春巡業「つくば場所」が来年4月12日につくばカピオ(つくば市竹園1丁目)で開かれる。実行委員会が11日発表した。つくば場所が開かれるのは22年ぶり。

 横綱・白鵬や牛久市出身の大関・稀勢の里ら約270人が参加予定。午前8時に開場し、けいこや取組があるほか、相撲甚句、赤ちゃんの土俵入りなどイベントも多数予定されている。水戸市出身の二子山親方(元大関・雅山)らがこの日、つくば市内で記者会見を開き、「本場所と違って、力士を近く感じて見られると思う」と話した。

 チケットは13日から、つくば市のホテル松島で発売予定。2階の7千円のいす席から1万4千円のたまり席まで、2806人分を用意した。問い合わせ先は実行委事務局(029・886・6151)。