[PR]

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の名誉を記事で傷つけたとして罪に問われた産経新聞の加藤達也前ソウル支局長(49)に対し、ソウル中央地裁は17日、無罪判決(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。李東根(イドングン)裁判長は判決公判の冒頭、韓国外交省が文書を提出し、日本側が善処を求めていることに配慮してほしいと要請してきたことを明らかにした。

 問題になったのは昨年8月に産経新聞のウェブサイトに掲載された記事。朴大統領が昨年4月の旅客船事故当日に元側近の男性と会っていたという「うわさ」を紹介した。市民団体の告発を受けて、加藤氏は昨年10月に在宅起訴された。

 公判では、記事で朴氏の名誉を傷つける意図があったかが争点だった。

 判決は、大統領としての朴氏について、「うわさを報道されることがあっても言論の自由は幅広く認められなければならない」とし、名誉毀損(きそん)罪は成立しないとした。一方で、私人としての朴氏の名誉は傷つけたと認めた。ただ、記事が「韓国の政治、社会状況を伝えようとしていた」として、名誉を傷つける意図はなかったと認定した。

 検察側は今後、控訴するかを決める。

 外交省当局者は、要請したのは判決公判の数日前だとし、今回の判決が「関係改善の契機になることを期待する」と述べた。

 加藤氏は判決後にソウル市内で記者会見し、「当然の判決で、韓国検察当局は控訴をせず、本件を終結させることを希望する」と語った。(ソウル=東岡徹