[PR]

 自民党の二階俊博総務会長は13日、自民、公明両党が財源を決めないまま軽減税率の対象品目で合意したことについて、「財源のことをもっと先に考えますというのではなく、同時並行的にやっておくべきだったんじゃないか」と述べ、今回の両党の決定に疑問を呈した。広島市内で記者団に語った。

こんなニュースも