[PR]

 県立高校の再編・統合について、県教育委員会は14日の県議会文教常任委員会で、2016年度から4年間の対象10校(分校含む)を示した案を初公表した。4校と分校1校を削減する方針で、来年1月の教育委員会で決める。県教委は来年度からの12年間で、最終的な削減校数を「20~30校」としている。

 16年度から4年間の実施計画によると、再編・統合の対象校は①氷取沢(横浜市磯子区)と磯子(同)②横須賀明光(横須賀市)と大楠(同)③三浦臨海(三浦市)と平塚農業初声分校(同)④平塚農業(平塚市)と平塚商業全日制(同)⑤高浜(平塚市)と平塚商業定時制⑥弥栄(相模原市中央区)と相模原青陵(同市南区)。このうち、磯子、大楠、平塚商業、相模原青陵の4校は敷地や施設が使われなくなる。平塚農業初声分校の敷地、施設は教場として使用される。

 県教委は統合先の学校との交流活動で削減校の文化を受け継ぐとし、統合後の学校名の変更を今後検討する。資料や記念品などは統合先に引き継ぎ、展示スペースなどを設ける。跡地利用も今後の検討課題だ。

 県立高校改革は少子化などに伴…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら