[PR]

1949(昭和24)年

 ボロボロになったバスがずらりと並ぶ。脇には野球のグラブをした少年や、集まって遊ぶ子どもたちの姿。1949年に大阪市天王寺区東高津北之町(現・東高津町)で撮られた「バス住宅」だ。市から払い下げられた廃車の木炭バスを利用した分譲住宅で、毛馬バス住宅(都島区)や城北バス住宅(旭区)など市営住宅としても利用され、終戦後の住宅難を補った。

 トイレや水場は十数戸の共用で、大きさはマイクロバスほど。近くに住んでいた若林征二さん(77)は、小学校の友達が「狭いけど雨漏りしないのがええ」と言っていたのを覚えている。

 終戦当時は拾ったトタンや廃材…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら