[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の二つのデザイン案について、遠藤利明五輪担当相は15日、閣議後の記者会見で「二つとも(白紙撤回されたザハ・ハディド氏による)前の案よりも大変素晴らしいできばえではないかなと思っている。甲乙つけがたい」と述べた。

 2案は日本スポーツ振興センター(JSC)の審査委員会が審査し、最終的には関係閣僚会議を経て決まる。遠藤五輪相は「最後まで透明性をしっかり担保しながら、厳正な審査の上での決定を期待したい」と述べた。馳浩文部科学相もこの日の記者会見で「公表されたものが国民的な議論を踏まえて決定されることを望んでいる」と話した。

 また、文科省とJSCなどによる連絡会議がこの日あり、費用負担について舛添要一東京都知事と合意したことが報告された。議長の冨岡勉・文科副大臣は都が費用負担する根拠となるJSC法改正の準備を進めるよう指示した。