[PR]

 東京都渋谷区と世田谷区が、生活をともにする同性カップルを公的に「パートナー」と認める制度を始めたことについて、千葉市は15日の市議会で同様の施策に前向きな姿勢を示した。布施貴良市議(未来民主ちば)の一般質問に、金親芳彦市民局長が答えた。

 布施市議の「同性パートナーを認める施策に取り組むべきではないか」という質問に対し、金親局長は「議会や市民間での積極的な議論や、専門家からの意見を聞くなど、様々なプロセスを経ることで、実現可能となってくるものと考えている」と応じ、「性的マイノリティーの問題全般について、速やかな動きが必要。有識者や当事者と意見交換を図っていく」とした。

 熊谷俊人市長は朝日新聞の取材に対し、渋谷区などの取り組みについて「賛同する。多様性を認める国にならなければいけない」と話した。一方で、千葉市での導入については「多様性を象徴する議会の中で、議員間の理解が広がっていくのが理想」としている。

 ゲイであることを公言している東京都豊島区議の石川大我さんは「関心を持つ自治体議員が増えてきたと感じる。未来を先取りする動きは全国の当事者を勇気づける」と歓迎した。