[PR]

 「過労死」が社会問題になって四半世紀。「これ以上、自分と同じ悲しみを増やしたくない」。遺族たちの思いは国会を動かし、一つの法律を作り上げた。

 「大きくなったら僕は博士になりたい。そしてドラえもんに出てくるようなタイムマシンをつくる」

 小学1年生だった息子「マー君」が、ぽつりとつぶやいた。15年前、茶の間で2人きりでテレビを見ていた時だと、母(55)は記憶している。母はほほえんだが、続く言葉に心をえぐられた。

 「ぼくはタイムマシンにのって、お父さんの死んでしまう前の日に行く。そして『仕事に行ったらあかん』ていうんや」

 マー君が幼稚園に通っていた2000年3月、和歌山県内の自治体職員だった父(当時46)は、自ら命を絶った。

 条例を改正する仕事に追われた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら