[PR]

 真っ赤な体に白いひげを生やした「サンタエビ」が、北海道登別市の水族館「登別マリンパークニクス」で展示され、クリスマスを前に来場者を楽しませている。

 和名「シロボシアカモエビ」で、体長は5センチ前後。西太平洋のサンゴ礁に生息し、ウツボなどにつく寄生虫を食べるという。白い脚から「ホワイトソックス」と呼ばれることも多い。

 水槽には、不織布のたわしで手作りしたクリスマスツリーにサンタ人形などを飾った。桑山未来館長は「運が良ければ、ツリーを登るサンタエビが見られます」。25日まで。(三上修)