[PR]

 東西統一後まもない1993年のドイツで、移民を襲うネオナチを糾弾し、人々の共感を集めた歌があった。「シュライ・ナハ・リーベ(愛への叫び)」。この曲が昨秋、22年の時を越え、ヒットチャート1位に輝く「奇跡」が起きた。

 歌うのは、過激な表現が持ち味の男性3人組ロックバンド「ディ・エルツテ」。このバンドの研究本を書いたフランク・ゴイケさん(54)は「愛への叫び」について「物議を醸すこともあった彼らが、初めて強い政治的なメッセージを込めた曲」と話す。

 曲の中で、荒ぶるネオナチにこう呼びかけた。

 おまえの暴力は愛への無言の叫びにすぎない/おまえの軍靴は愛情を切望する

 異例のリバイバルには、「仕掛け人」がいた。

 独北部オスナブリュック在住のソフト開発者、ローランド・タプケンさん(33)。昨年8月末、友人の結婚パーティーでディ・エルツテの曲が流れたのを聞いてひらめいた。「『愛への叫び』を、難民への応援歌にできないか」

 シリアなどから欧州への難民流入が激化する中、極右勢力による保護施設襲撃や放火が増えていた。

 タプケンさんの提案は、ソーシャルメディアで反響を呼んだ。友人の音楽教師ゲルハルト・トルゲスさん(46)が専用ホームページをつくり、CD購入やラジオへのリクエストを呼びかけると、支援の輪は急速に広がった。ディ・エルツテ自身も、曲の収益を難民支援団体に寄付する考えをサイトで示した。

 発表当時でも最高位9位だった曲が、昨年9月にはドイツの週間ヒットチャートで1位に。独語圏のオーストリアでも1位、スイスでも上位に入った。ドイツのチャート集計会社は「これだけ長期間を経て再び成功した曲は、過去に例がない」と驚いた。

 一方、トルゲスさんの元には、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら