[PR]

 大阪市住之江区で10月、府道に置かれたコンクリート製土台に衝突したバイクの男性が死亡した事件で、大阪府警は17日、府内の中学2年の少年(13)を傷害致死の非行内容で補導し、児童相談所に送致したと発表した。少年は住之江署の調べに「大騒ぎになるのが見たかった。死亡するとは思わなかった」と話しているという。

 住之江署によると、少年は10月22日夜~23日未明、大阪市住之江区北島1丁目の府道中央付近に円盤の形をしたコンクリート製土台(直径30センチ、厚さ12センチ、重さ16キロ)を放置。バイクで走っていた無職中山貢治さん(51)=同区=を転倒させ、11月7日に頭部骨折などで死なせた疑いがある。

 防犯カメラ映像や聞き込み捜査で少年が浮上した。少年は調べに「土台を置いた後、転倒するバイクを見ていた」とも話し、男性を救助せずに現場を離れたことを認めているという。土台の中央部分には看板を立てるためとみられる穴が開いており、少年が動かす前は府道沿いの植え込み付近に置かれていた。土台の所有者は不明で、かなり以前から現場にあったという。