[PR]

 バーチャルアイドル初音ミクを描いた琳派の屛風(びょうぶ)、火の鳥の掛け軸など伝統文化とキャラクターが融合した「琳派オマージュ展」が19、20の両日、調布市文化会館たづくり(小島町2丁目)で開かれる。

 オマージュ展は琳派400年を記念して、9月に京都であった「京都国際マンガ・アニメフェア」で初めて開かれた。3カ所目で東京では初めて。今回は「映画のまち調布」として市が行う角川大映スタジオ展の同時開催イベントとして実現した。

 約40点を展示。「初音ミク燕子花(かきつばた)図屏風」は、尾形光琳の国宝「燕子花図屛風」をモチーフに現代琳派継承者の絵師、平尾務さんが手がけた。火の鳥やアトム、ユニコ、レオなどおなじみのキャラクターが掛け軸に描かれている。

 午前10時~午後7時(20日は6時)。無料。スタジオ展では「白い巨塔」(1966年)、「犬神家の一族」(76年)などの映画が無料で鑑賞できる。(青木美希)