[PR]

 日本相撲協会は18日、東京・国技館で定例の理事会を開き、11月に62歳で亡くなった元横綱の北の湖理事長(本名・小畑敏満)の後任に、現在理事長職を代行している協会ナンバー2の八角事業部長(52)=元横綱北勝海、本名・保志信芳(ほしのぶよし)=を互選で選んだ。任期は北の湖理事長の残りの来年3月の春場所後まで。八角親方は13代目の理事長となる。

 来年4月以降については、同1月の初場所後に行われる理事候補選などを受けて発足する新体制の下、新たな理事長が選出される。

こんなニュースも