[PR]

 化学及(および)血清療法研究所(化血研、熊本市)の不正製造の影響で、B型肝炎ワクチンが足りずに接種の予約を中止する医療機関が出てきている。国内シェア8割を占める化血研製の出荷が9月から止まっているためだ。厚生労働省は、安全性が確認されれば出荷を認める方針だが、年明けになる可能性もあるという。

 B型肝炎ワクチンは、国内に流通するのは化血研製とMSD製のみ。昨年は計約200万本出荷された。厚労省は来年度にも、市町村が実施する定期接種にする方針。対象は0歳児で1人に3回する。

 兵庫県尼崎市の「こどもクリニックまえの」は現在、ワクチンの在庫がなく、接種できなくなった。MSD製も注文が集中して手に入らないという。院長は「化血研がしたことは許されないが、子どもがウイルスに感染する可能性が高まるような影響が出るのも問題だ」と語る。

 東京都東村山市の「どんぐりキ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら