[PR]

 遠藤利明五輪担当相は18日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場のデザイン案の選考について、「明日、審査委員会でヒアリングをして、そこでおおむね判断をされると思う」と述べた。事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)の審査委が19日に開く会合で内定するとの見通しを明らかにした。

 新国立競技場のデザイン案は、二つの企業グループから応募があった。JSCの判断を受けて、政府の関係閣僚会議で最終決定する。遠藤氏は閣僚会議の見通しについては「明日の状況を見て、いつ開催するか決める」と述べた。